頭がよくなるDHA

魚を食べると頭がよくなるって本当?「DHA」がキーワード

魚を食べると頭がよくなるって本当?

「魚を食べることで頭がよくなる」このことが発表されたのは1989年のことです。DHA研究家の権威であるイギリスのマイケル・クロフォード博士が その著書「原動力」にこれまでの研究成果をまとめて、魚に含まれるDHAには脳の発達を促進する効果効能があるのでは?と発表したんですね。

また、このクロフォード博士の原動力には、「日本人の子供の知能指数が欧米人の子供と比べて高いのは魚を食べるという食生活と関係があるのかもしれない」 ということも掲載されていたので、日本のメディアが飛びついて大々的に報道し、一躍DHAブームになったことは懐かしい思い出です。

DHAがなぜ頭をよくしてくれるのか?ということなんですが、簡単にいうとDHAを摂取することで脳内で複雑なネットワークを構築し、さまざまな情報伝達のやり取りをしている神経細胞の膜を柔らかくすることできるため、 神経伝達物質の生産量も増えますし、神経伝達物質の往来もスムースになって脳内が活性化するからだといわれているからです。

神経伝達物質のなかにはアセチルコリンだとか、GABA(ギャバ)、ドーパミンなどがあるわけですがこうした神経伝達物質は記憶力や集中力に関係しているためこれらの動きが円滑になり、 活性化されるということはすなわち「記憶力がよくなる」「頭の回転がよくなる」ということなんですね。

ということで、脳の働きを活性化してくれるDHAを多く含む魚(青背の魚である、マグロやカツオ、ブリなどに多く含まれる)をたくさん食べるというのは脳にとってとても大事で重要なことというわけなんです。

もっと詳しくDHAで頭がよくなる理由を解説します。

とりあえず、魚の油に多く含まれるDHAをたくさん摂取すれば頭がよくなるのは本当ということだけは覚えておいてください。ただ、もう少しその詳細を 知りたいという人もいると思うのでここではそれについていくつか紹介しておきたいと思います。

魚油に含まれるDHAには5つの脳を元気に活性化させる作用があります。

たとえば・・・

1、神経細胞伝達物質の受け渡しをスムースに保つ

これは前述したとおりです。神経細胞の膜が柔らかくなることで神経伝達物質の量が増えるだけでなく、往来も活発になります。 これにより、脳のネットワークが活性化してフル回転・フル稼働できるようになります。

2、神経細胞の成長を促す

神経細胞の膜が柔らかくなると神経細胞のアンテナが増えたり、成長を促します。NGFという神経成長因子の産生量を増やしたり、 神経細胞のアンテナの材料となる蛋白質や脂質を効率よく増やすという働きもあると考えられていて、これもまた脳の情報伝達の活性化につながります。

3、活性酸素から神経細胞を守る

脳には1日で取り入れる酸素の20%が取り込まれるといいます。そのため細胞の酸化の原因となる活性酸素の発生も必然的に多くなります。 ストレスが脳に悪いのも活性酸素を脳内に増やしてしまうからという説もあるぐらいです。そんな活性酸素から脳を守るのもDHAで、DHAを摂取していると大脳の活性酸素除去力が高まるといわれています。

4、炎症から神経細胞を守る

脳の神経細胞にダメージを与えるものには活性酸素のほかに「サイトカイン」と呼ばれる炎症性の物質もあります。サイトカインは本来脳や体を病原体から守ってくれるものですが過剰に生成されると逆に体を攻撃してしまいます。 DHAはこのサイトカインの過剰生成を抑制します。

5、脳の血管の劣化を防ぎ、血流を改善する

DHAは血液サラサラ効果もあります。そのためDHAを摂取することで血液の脂質バランスが調整されて血液中のコレステロールや 中性脂肪が正常値に近づき血栓ができなくなりますし、血管の柔軟性も高めてくれます。血行がよくなれば当然、神経細胞に栄養と 酸素が届くようになりますからその働きも活性化します。


とまぁ、こんな感じでDHAを摂取すると多方面から脳の神経細胞を活性化するためにアプローチしてくれるわけなんですね。 こうして脳を元気に活性化させるということは記憶力や集中力など学習能力をアップさせてくれるのは当たり前として、体全体の 健康や心の健康にも影響してきます。

頭を使う学生さんや仕事に従事している方はもちろん、脳=心の問題を抱える人にとってもDHAは頼もしい健康成分になってくれます。 より詳しい脳への働きについてはこちら>>>脳を活性化する〜DHA

頭がよくなるDHAはどうやって摂取すればいい?

記憶力や集中力をあげて頭をよくするにはDHAが効果的ということは分かったと思います。それから当たり前ですが、DHAを摂取したら天才になれるというわけではありません。 摂取したうえでの本人の努力が必要不可欠なのはいうまでもありません。

それから頭がよくなる効果についてですが、年齢は関係ありません。あなたが10代でも30代でも70代であってもDHAを摂取すれば速やかに脳神経に入っていきます。 それから短期間でたくさん摂取した場合も普通に長期にわたって摂取した場合も脳へのDHAの補給は変わりなく行われ、いずれの場合も脳の活性化につながることがわかっています。

DHAの摂取量ですが、今の若い人たちは1日あたり200rから300rしか摂れてないそうです。まったくもってDHAが不足してますからもっと魚を食べるようにしましょう。 厚生労働省は1日あたり1000rを推奨しており、昔の日本人は2000rを超える量を摂取していたといわれています。

DHAを効率的に摂取できるのはやはり魚です。αリノレン酸を含む植物を食べることでも体内でDHAに変換されるのでDHAを摂取していると いえるのですが、効率がすごく悪いです。DHAはそのままの形で摂るのが一番最適です。

どうしても魚が嫌いで食べられないという場合はDHAサプリを飲んで摂取するしかないと思いますが、問題なく魚を食べられるのであれば 旬の脂ののった青魚から摂取するのがベストです。特にDHAの含有量が多いものを季節別に紹介しておきます。

【春に旬を迎える青魚】

いわし、さわら、にしん、かつお

【夏に旬を迎える青魚】

うなぎ

【秋に旬を迎える青魚】

さんま、さば、こはだ、かつお、鮭

【冬に旬を迎える青魚】

あんこう、ふぐ、ぶり

通年食べられるマグロやアジにもたっぷりのDHAが含有されているので、3食のうち1食はおかずに魚をあるいは週に3〜4回は魚を食べるように しましょう。調理方法としては揚げたり、焼いたり、煮たりすると脂が落ちて含有量が減少するので要注意。一番いいのはお刺身としていただくことです。